交通事故の患者さん 症例2

a0002_000591

こんにちは。
ウェルネス院の平です。

今日は、自転車で走行中に後ろから追突された症例についてお話します。

Bさん
・主婦 20代 女性 川口市内在住
・交差点を自転車で走行中、車に後ろから追突され負傷

・当院に来院した時の症状
自転車ごと転倒し、頸の痛み、頸の可動域制限、右肋軟骨の打撲による強い痛みがありました。
また、精神的にも不安定になっていました。

・来院理由
川口で、交通事故での治療をインターネット検索し来院されました。

・施術内容
初検時、痛みが強く軽く触れるだけでも痛みを訴えていました。炎症を抑える電気治療、テーピングによる固定サポートを施しました。
また、加害者との電話でのやりとりがあり、かなりナーバスになっていました。

ストレス除去の施術をし、施術を終えたときには、

「楽になりました(*´▽`*)」と笑顔になって帰られました。

なるべく通院をしていただき、痛みの波はありますが、漸次改善に向かっています。

初めて事故に遭われた方、どうしたらいいか分からないことが多いと思います。痛みはもちろんですが、不安なこともいっぱいあると思います。

痛みの治療+フリーダイヤルでの相談、弁護士紹介など精神的なケアにも力を入れている当院です。事故に遭われてどうしたらいいのかわからない方、電話相談も随時受け付けております。

ウェルネス院
川口市飯塚1-2-3