川口市愛和メディカルグループの整骨院脳脊髄液減少症

脳や脊髄は、その周囲を脳脊髄液という液体で守られています。

しかし、交通事故などによる強い衝撃が原因で、脳脊髄液が漏れ出し、脳脊髄液減少症を発症します。

  • 自損事故の場合でも保険が適用される場合があります
  • その場合の治療費は保険会社が負担してくれます
  • その後の事故対応の相談や保険の相談まで
  • 今すぐご相談ください

川口市 愛和メディカルグループの整骨院 脳脊髄液減少症 施術方法

川口市交通事故脳脊髄液減少症治療風景

愛和メディカルグループの整骨院での交通事故治療は、体の異常を超音波(エコー)診断と当院独自のバランス検査法で探します。

そして、患者様が心地よいと感じる手技で無理なく治療をしていきます。

気エネルギー療法で、全身の細胞に働きかけて、脳脊椎液循環をよくしていきます。

他の療法と比較して、効き目が早く、気持ちよく、また体にとっても安全です。

脳脊髄液減少症の症状は、おもに頭痛、吐き気、めまい、疲れやすいといったものが挙げられます。

交通事故当初は何ともなくても、1週間してから症状が出てきたり、1ヶ月後に発症することもあります。

また、朝起きるとすぐに症状が出る人もいれば、夕方になるとつらくなるという人もいます。

脳脊髄液減少症の特徴として、体を横にすると頭痛が楽になるということもありますが、これは、症状が改善したのではありません。

大丈夫だろうとご自分で判断するのではなく、何かおかしいと感じたら、愛和メディカルグループの整骨院までお問い合わせ下さい。

慰謝料=4,200円×治療期間

トップへ